FC2ブログ
09 -<< 2018-10 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 -
 

寿福寺への御状

            寿福寺への御状

本文(御書全集一七五㌻)
 風聞の如くんば蒙古国の簡牒・去(いぬ)る正月十八日慥(たしか)に到来候い畢(おわ)んぬ、然(しか)れば先年日蓮が勘えし書の立正安国論の如く普合せしむ、恐くは日蓮は未萠(みぼう)を知る者なるか、之を以て之を按ずるに念仏・真言・禅・律等の悪法・一天に充満して上下の師と為るの故に此(かく)の如き他国侵逼の難起れるなり、法華不信の失(とが)に依つて皆一同に後生は無間地獄に堕す可し早く邪見を翻し達磨(だるま)の法を捨てて一乗正法に帰せしむ可し、然る間方方へ披露せしめ候の処なり、早早一処に集りて御評議有る可く候、委くは対決の時を期す、恐恐謹言。
  文永五年十月十一日         日 蓮  花 押
   謹上 寿福寺侍司御中

通解
 風聞によれば、蒙古国からの牒状が去る正月十八日、たしかに到来したということである。しかれば先年、日蓮が勘えた書の立正安国論の通りに符合したのである。おそらくは日蓮は未来の出来事を知る者であろう。
 これ(立正安国論に説いたこと)をもって、これ(蒙古の牒状が到来したこと)を考えてみると、念仏・真言・禅・律等の悪法が天下に充満して、上下万民の師となっているから、このような他国侵逼の難が起きているのである。
 法華不信の失によって、皆一同に後生は無間地獄に堕ちるであろう。早く邪見を翻し、達磨の法(禅宗の邪教)を捨てて、法華一乗の正法に帰伏すべきである。
 そのゆえに、方々へ申し上げたところである。早く一所に集まって、御評議されるべきである。詳しくは公場対決の時を期したい。恐恐謹言。
  文永五年十月十一日         日 蓮  花 押
   謹上 寿福寺侍司御中

語訳
寿福寺
 神奈川県鎌倉市扇ヶ谷(おうぎがやつ)にある臨済宗寺院。山号は亀谷山(きこくさん)。源頼朝が没した翌年の正治二年(一二〇〇年)、北条政子の発願によって建立。開山は栄西。初期の禅宗の発展に重要な位置を占めた。現在は臨済宗建長寺派の寺院。

侍司(じし)
「侍史」とも書く。手紙の脇付(わきづけ)の一。侍司御中は、直接はおそれ多いから侍史を経て差し上げるとの意で、敬意を表す。侍史は右筆(ゆうひつ)(貴人の秘書)のこと。
〈追記〉
 現在でも用いられている脇付に「御机下(ごきか)」「御侍史(おんじし)」があり、医師間の書状(紹介状など)において宛名に添えられる。机下とは「机の上に置くほどの重要な書状ではございません」との謙遜の意。

講義
 本書状は文永五年(一二六八年)十月十一日、日蓮大聖人が四十七歳の御時、鎌倉・松葉ケ谷でしたためられ、臨済宗の寿福寺に送られた書である。
 寿福寺は鎌倉市扇ヶ谷にあり、正治二年(一二〇〇年)に北条政子の発願によって建立された。正式には亀谷山寿福金剛禅寺と称する。日本臨済宗の開祖・栄西(一一四一年~一二一五年)が開山(※)で、初期の禅宗の発展に重要な役割を果たした。当時の住僧が誰であったかは不明である。
(※追記 禅宗や浄土宗では寺院の創建に尽力した資主(檀越)を開基とよび,その開創の僧を開山とよんで区別している。寿福寺は禅宗であり、開基は北条政子、開山は栄西である)
 内容は、蒙古の牒状が文永五年閏(うるう)正月十八日に到来した事実は、九年前に著した立正安国論の予言が符合したことであり、日蓮大聖人が未萠を知る聖人である証拠であることを指摘されている。そして、他国侵逼難を招いた元凶は、念仏・真言・禅・律等の悪法が天下に充満しているゆえであり、邪見を翻して速やかに正法に帰依すべきであると促されている。

 先年日蓮が勘えし書の立正安国論の如く普合せしむ、恐くは日蓮は未萠を知る者なるか

 まず、蒙古国の「簡牒」が去る正月十八日に到来した事実を挙げ、このことは日蓮大聖人が文応元年(一二六〇年)に勘(かんが)え、上呈した立正安国論の予言の符合にほかならず、この予言的中をもって御自身を「未萠を知る者なるか」と仰せられている。
「簡牒」とは公式の文書のことで、牒状ともいう。「簡」は竹の札(ふだ)の意で、書簡・手紙をいい、「牒」は文書を記す札、公文書などの意である。
「未萠を知る者なるか」と仰せの「未萠」とは、未だ起こらないこと、すなわち未来の出来事をさす。ゆえに「未萠を知る者」は未来に起こるべきことを、あらかじめ知り抜いている聖人をいう。
 撰時抄に「外典に曰く未萠をしるを聖人という内典に云く三世を知るを聖人という」(二八七㌻)とあり、内典の聖人すなわち仏は、三世流転の生命の過去世・未来世をも知ることを特質とする。それに対し、現実世界の未来に起きる事象を知るのが外典の聖人である。仏法の聖人が〝未萠〟も知ることは当然で、安国論における予言的中は、この〝未萠〟を正しく知っておられたことの証なのである。
 したがって、兼知未萠の聖人は、聖人知三世事に「日蓮は一閻浮提第一の聖人なり」(九七四㌻)と明言されている。

 之を以て之を按ずるに念仏・真言・禅・律等の悪法・一天に充満して……皆一同に後生は無間地獄に堕す可し

「之を以て之を按ずるに」とある文の、先の「之」は立正安国論に述べられたこと、後の「之」は蒙古の来牒をさす。安国論に述べたことをもって蒙古の牒状が到来した事実を考えてみるのに、という意味である。安国論で述べられたように、外寇という国難を招いた根本原因は、「念仏・真言・禅・律等の悪法・一天に充満して上下の師と為るの故」であると、念仏など諸宗の悪法・邪法が天下に充満し、悪侶が上下万民の依師となっているためであると断じられている。
 すなわち、法華経を信ぜず誹謗していることが因で、その果報として、王臣一同に後生は無間地獄に堕ちるであろうと警告されている。
 これは法華経譬喩品第三に「若(も)し人は信ぜずして 此の経を毀謗(きぼう)せば 則(すなわ)ち一切世間の 仏種を断ぜん(中略)其の人は命終(みょうじゅう)して 阿鼻獄(あびごく)に入(い)らん」(『妙法蓮華経並開結』一九八㌻ 創価学会刊)と説かれていることであり、大聖人が言われていることは、まぎれもなく仏説に基づいたものである。

 早く邪見を翻し達磨の法を捨てて一乗正法に帰せしむ可し

 それゆえに、早く改心して、受持する「達磨の法」を捨て、「一乗正法」である法華経へ帰依するよう勧誡されている。安国論で「汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ」(三二㌻)と述べられていることと同じ意である。
「達磨の法」とは、中国禅宗の祖、菩提達磨(ぼだいだるま)(生没年不明)が説いた邪法のことである。菩提達磨は菩提多羅・達磨多羅ともいい、略して達磨ともいう。伝説化された人物のため、詳細は不明であるが、南インドの香至国王の第三子として生まれたといわれる。
 初め大乗を学び、次いで禅定に励んだ。辺地に仏法が衰えていくのを嘆き、諸国を巡歴して、海路、中国へ入った。梁の武帝に迎えられて金陵(南京)に入り禅を説いたが用いられず、北魏の嵩山(すうざん)少林寺で、九年間、壁に向かって座禅を組み(面壁九年という)、禅観の奥義を悟ったとされる。没年については、梁の大通二年(五二八年)、大同五年(五三六年)など異説が多く、年齢は百五十歳などと誇張して伝えられている。
 禅は、一代五時継図(六六四㌻)に、
禅宗 ┬ 如来禅 ─ 楞伽経・金剛般若経等に依る、又は教禅とも云う
   └ 祖師禅 ─ 教外別伝不立文字云云
と図示されるように、二種ある(別に教禅を加えて三種とすることもある)。「祖師」とは達磨のことをいい、達磨の流れを汲み、慧能を開祖とする禅を「祖師禅」という。大梵天王問仏決疑経の文に拠り、仏法の真髄は教理の追及ではなく、ただ座禅修行によって自ら体得できるとし、文字も経典も不要であるとして「教外別伝・不立文字」と立てる。
 大聖人はこの邪義について諸御抄で〝言葉や文字を離れて仏道修行するというが、沈黙したままで衆生教化や法の弘通ができるわけがない。現実に、禅宗の人も禅を他人に教える時には言葉も使う。また悟りを人に伝える時にも文字や言葉を離れるわけにはいかない〟と、その自己矛盾を突かれている。
 最後に、同趣旨の書状は、幕府要人や諸宗の高僧たちへも披露しておいたので、早く一所に集まって評議するようにと促され、詳しいことは公場での対決を待ちたいと締めくくられている。
 末尾の「謹上 寿福寺侍司御中」とある「侍司」は、相手に直接差し上げることをはばかるという謙遜の意を表す。

出典『日蓮大聖人御書講義』第四巻下(編著者 御書講義録刊行会 発行所 聖教新聞社)

                    寿福寺への御状 ―了―

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

墨田ツリー

Author:墨田ツリー

 
 
 

最新トラックバック

 
 

カテゴリ

 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR