FC2ブログ
07 -<< 2018-08 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 -
 

北条弥源太への御状

          北条弥源太への御状

本文(御書全集一七二㌻初~一七三㌻終)
 去(い)ぬる月御来臨急ぎ急ぎ御帰宅本意(ほい)無く存ぜしめ候い畢(おわ)んぬ、抑(そもそも)蒙古国の牒状到来の事・上一人より下万民に至るまで驚動極り無し然りと雖(いえど)も何の故なること人未だ之れを知らず、日蓮兼ねて存知せしむるの間既に一論を造つて之を進覧せり徴(しるし)先達つて顕れ則ち災必ず後に来る、去(い)ぬる正嘉元年丁巳(ひのとみ)八月廿三日戌亥(いぬい)の刻の大地震是併(しかし)ながら此の瑞に非ずや、法華経に云く如是相と天台大師云く「蜘蛛(ちちゅう)下りて喜事来り鳱鵲(かんじゃく)鳴いて行人(こうじん)来る」と、易に云く吉凶動に於て生ずと此等の本文豈(あに)替るべけんや。
 所詮諸宗の帰依を止めて一乗妙経を信受せしむべきの由勘文を捧げ候、日本亡国の根源は浄土・真言・禅宗・律宗の邪法悪法より起れり諸宗を召し合せ諸経勝劣を分別せしめ給え、殊に貴殿は相模の守(こう)殿の同姓なり根本滅するに於ては枝葉豈栄えんや、早く蒙古国を調伏し国土を安穏ならしめ給え、法華を謗ずる者は三世諸仏の大怨敵なり、天照太神・八幡大菩薩等・此の国を放ち給う故・大蒙古国より牒状来るか、自今已後各各生取(いけどり)と成り他国の奴(やっこ)と成る可し、此の趣き方方へ之れを驚かし愚状を進ぜしめ候なり、恐恐謹言。
  文永五年戊辰十月十一日       日 蓮  花 押
   謹上 弥源太入道殿

通解
 先月、お出でになったが、急いでご帰宅になったので本意なく思っている。そもそも蒙古国の牒状が到来して、上一人より下万民に至るまで、限りなく驚き騒いでいるが、しかしその原因を知る人はいない。日蓮はかねてからその原因を存知していたから、先に立正安国論を造って、これを進覧したのである。
 兆しが先に顕れ、災いが必ず後に来るものである。去る正嘉元年八月二十三日、午後九時頃の大地震はこの瑞相ではないか。
 法華経には「如是相」とあり、天台大師は法華玄義に「蜘蛛が下りて巣をかければ喜ばしい事が起こり、鵲(かささぎ)が鳴けば来客がある」と言い、易経には「吉凶ともに、異変があって生ずる」とあるが、これらの本文にどうして間違いがあろうか。
 詮ずるところは諸宗の帰依を止めて、一乗の妙法蓮華経を信受されるべきであるとの勘文を捧げたのである。日本の亡びる根源は浄土宗や真言宗・禅宗・律宗の邪法や悪法から起こるのである。諸宗の者を召し合わせて、諸経と法華経との勝劣を決定していただきたい。
 殊に貴殿は相模守殿(北条時宗)と同姓である。根本の執権が滅びるなら、枝葉である貴殿がどうして栄えられよう。
 早く蒙古国を調伏して、国土を安穏にしなさい。法華経を謗ずる者は、三世諸仏の大怨敵である。天照太神や八幡大菩薩等がこの国を見放されたがゆえに大蒙古国から牒状が来たのである。今から後は、各各生け取られ、他国の奴となるであろう。この趣を方々へ申し送って警告し、貴殿へも愚状を差し上げたのである。恐恐謹言。
  文永五年戊辰十月十一日       日 蓮  花 押
   謹上 弥源太入道殿

語訳
正嘉元年……大地震
 正嘉の大地震のこと。正嘉元年(一二五七年)八月二十三日、午後九時ごろに大地震があり、吾妻鏡には「廿三日 乙巳(きのとみ) 晴る。戌(いぬ)の尅(こく)、大地震。音あり。神社仏閣一宇として全きことなし。山岳頽崩(たいほう)、人屋顚倒(てんどう)し、築地(ついじ)皆ことごとく破損し、所々地裂け、水涌き出づ。中下馬橋の辺、地裂け破れ、その中より火炎燃え出づ。色青しと云云」とある。

「蜘蛛(ちちゅう)下りて喜事来り鳱鵲(かんじゃく)鳴いて行人(こうじん)来る」
 法華玄義巻六上に「世人以(おもえ)らく蜘蛛(ちちゅう)挂(かか)って則ち喜事来り、鳱鵲(かんじゃく)鳴いて則ち行人(こうじん)至る。小尚(なお)徴(しるし)有り、大焉(いずくん)ぞ瑞無からん」とある。「世の中の人は、クモが巣をかければ喜ばしい事が起こり、カササギが鳴けば来客があるとしている」との意。蜘蛛の伝承は古くから多い。鳱鵲(カササギ)はカラスより少し小さく、腹白で頭部が黒い。日本では北九州にいる。高麗烏(コウライガラス)といわれる。行人とは旅人の意。

吉凶動に於て生ず
 中国易経の繋辞(けいじ)下伝にある「吉凶悔吝(かいりん)は動に生ずる者なり」という文の取意。易卜占相(えきぼくせんそう)の用語で、吉凶とは成就・失敗を意味し、悔吝とは欠陥のあることをさす。すなわち吉凶悔吝は森羅万象の変化を意味する。日蓮大聖人は、この文を引用し、正嘉の大地震、蒙古の牒状到来という動きは、後に災が起こる瑞相であったとされている。

弥源太入道
 生没年不明。日蓮大聖人御在世当時の弟子。北条氏の一門で、早くから大聖人の弟子となっていたこと、また祈禱のため、大聖人に太刀一振り、刀一振りを供養したことが、弥源太が大聖人からいただいた御抄(一二二六㌻)から知られている。

講義
 本書状は文永五年(一二六八年)十月十一日、日蓮大聖人が四十七歳の御時、鎌倉で御述作され、北条弥源太へ与えられたものである。
 北条弥源太(生没年不明)は、その名のごとく本文にも「貴殿は相模の守殿の同姓なり」と仰せられているが、北条氏の一門の中のどのような位置にあったか、詳しいことは分かっていない。
 また、「去ぬる月御来臨急ぎ急ぎ御帰宅本意無く存ぜしめ候い畢んぬ」とある御文から、大聖人のもとにお伺いしていたこと、また、後に頂いている御消息でも、何かにつけ大聖人に御報告、御供養をして御指導を頂いており、早くから大聖人門下になっていたと推測される。

 身延から二通の御消息文

 弥源太が大聖人から賜った書状は本書が最初であるが、佐渡御流罪中に一通、及び身延へ入山されてからも二通の御消息文を賜っている。
 まず佐渡御流罪中の文永十一年(一二七四年)二月二十一日御述作と推定される御消息には、弥源太が何かの祈禱のために大聖人へ太刀、刀を御供養したことについて、「後生には此の刀を・つえ(杖)とたのみ給うべし(中略)南無妙法蓮華経は死出の山にては・つえはしらとなり給へ」(一二七七㌻)と、死後未来世の安穏は絶対に得られることを述べられている。末尾には「二十一日」と日付のみあり、年号は記されていないが、文永十一年と推定されている。
「九月十七日」と、やはり日付のみ記された御消息には、何かの病に侵されていた弥源太が、病気平癒した旨を御報告したことに対し、「御所労の御平愈の由うれしく候」(一二二九㌻)と、回復を喜ばれている。これも同じく文永十一年の御述作と推定されているが、そうとすると身延御入山後約四か月ということになる。
 弘安元年(一二七八年)八月十一日の御消息には、建長寺道隆が死亡した旨の弥源太の報告に対し、「根露れぬれば枝か(枯)れ・源渇(かわ)けば流尽くると申す事あり」(一二三〇㌻)と、道隆一門の末路を予見されている。

 蒙古国の牒状到来の事・上一人より下万民に至るまで驚動極り無し然りと雖も何の故なること人未だ之れを知らず

 本書状の内容は、蒙古の牒状到来によって、国中が驚き騒いでいるが、その災厄の原因がどこにあるかは知らないでいると指摘され、それに対して他国侵逼難は大聖人が先に上呈した立正安国論に予言した通りであり、正嘉の大地震がこの先相であったことを経釈を引いて述べられている。
 続いてこのような災厄を起こし日本を亡国に導く根源は浄土宗など四宗の邪法悪法にあり、公場で諸宗の寺僧と日蓮大聖人とを召し合わせ、正邪・勝劣を分別することこそ急務であると進言されている。特に対決の実現を期するにあたって、北条一門である弥源太の尽力を促されている。
 初めに「去(い)ぬる月御来臨急ぎ急ぎ御帰宅本意(ほい)無く存ぜしめ候い畢(おわ)んぬ」とあるのは、先月訪ねてきてくださったが、急いで帰られたので、まことに本意なく思っている、と弥源太の訪問を感謝された挨拶である。
「蒙古国の牒状到来」によって、国を挙げて驚き騒ぎ、あわてふためくばかりで、この国難を招いた根本原因がどこにあるのか、だれ人も知らずにいる。
 それに対し、大聖人はこうした他国から侵略されるという災厄が起きることを前々から知っておられたので、九年前「一論」すなわち立正安国論を述作し、幕府に進覧しておいたのであると述べられている。

 徴(しるし)先達つて顕れ則ち災必ず後に来る

 したがって、立正安国論御執筆、上呈の時点で知っておられたことは当然であるが、更に遡ってその執筆を決意された正嘉元年(一二五七年)の時点で既に知っていたのであると仰せられている。つまり、正嘉元年八月、鎌倉地方を襲った大地震を見て、日本にやがて他国侵逼難(後災)が起こることの微(しるし)、つまり先相であると見抜いていたとの御文である。
 このように、大きな出来事には必ず先兆があるのであり、賢人・聖人は、ある出来事を見て、それがあとでどのような災厄が襲ってくる先兆であるかを予測することができると言われるのである。この、物事に先兆があるということについては、仏法でも世法及び外典でも認めていることであるという意味で経釈等を引いて立証されている。まず法華経方便品第二に「如是相」(『妙法蓮華経並開結』一〇八㌻ 創価学会刊)と説かれている。「如是相」は目に見える相(正嘉の大地震)を通して未来(他国侵逼難)を知見することができるということである。
 また、天台大師の法華玄義巻六には「世人以(おもえ)らく蜘蛛(ちちゅう)挂(かか)って則ち喜事来り、鳱鵲(かんじゃく)鳴いて則ち行人(こうじん)至る。小尚(なお)徴(しるし)有り、大焉(いずくん)ぞ瑞無からん。近を以て遠を表するに、亦(また)応(まさ)に是の如くなるべし」とある。これは「クモが巣をかければ近く喜びごとが訪れ、カササギが鳴けば客人がくる」という世間一般で言われていたことを挙げて、このように世間の小事でさえ前兆があるのであるから、仏法の大事に前兆の現れないわけがなく、瑞相という近くに見えるものをもって、仏法の深遠な道理をあらわすのである、という意である。
 また易経でも「吉凶動に於て生ず」(※)と説いている。吉か凶かを問わず、大きな変動が起きる時には、その契機として「動」つまり異変があるという意である。易経は儒学で尊重する五経の一つで、鎌倉時代は治世の書とされていたことから用いられたと拝察される。
(※追記 易経の原文には「吉凶悔吝(かいりん)は動に生ずる者なり」とある。誤訳参照)
「此等の本文」は古代から尊重されてきたものであり、どうして間違いがあろうかと念を押されている。

 亡国の根源は浄土・真言・禅宗・律宗の邪法悪法より起れり

 そして「所詮は諸宗の帰依を止めて一乗妙経を信受せしむべきである」と勘文すなわち立正安国論で諌暁したのであると述べられ、日本を亡国に導く根源は「浄土・真言・禅宗・律宗の邪法悪法」であると、具体的に宗名を挙げて、これらの誤れる宗教こそ「亡国の根源」であると指摘されている。
 そして、この大聖人の主張が正しいか否かを判断するために、諸宗の寺僧との公場対決を実現し、彼らが所依とする諸経と法華経との勝劣を明確にすべきであると強調されている。
「殊に貴殿は相模の守(こう)殿の同姓なり根本滅するに於ては枝葉豈栄えんや」とは、北条弥源太が北条一門の人であることから、執権・時宗や幕府要人に意見を具申できる立場にあることに期待を寄せられたと拝される。「相模の守殿」とは北条時宗をさす。時宗は文永二年(一二六五年)、北条政村のあとを受けて相模守に任じられていたので、そう呼ばれた。
 そして「根本」である執権が滅びれば、「枝葉」である一門の弥源太も栄えられるわけがないのであるから、よそごとでなく自分自身の問題として公場対決の実現へ尽力し、「早く蒙古国を調伏し国土を安穏ならしめ給え」と促されている。「邪法悪法」への帰依をやめることが、そのまま「蒙古国を調伏」することであり、「国土を安穏」にする方途にほかならないからである。
「法華を謗ずる者は三世諸仏の大怨敵なり」とは、法華経は三世十方の諸仏を出生せしめた能生の根源であるゆえに、法華経を誹謗することは、とりもなおさず、三世の諸仏を誹謗することになり、「三世諸仏の大怨敵」となるのである。
 したがって、更にその所従である天照太神・八幡大菩薩等の善神は、謗法であり、諸仏に敵対している国に怒りをなして「放ち給う」のは道理ということになる。この結果、「大蒙古国より牒状来るか」と、他国侵逼難を招来した本質を指摘されている。
 そして、このまま捨正帰邪の大謗法を改めずにいたら、やがて皆、蒙古の捕虜となり、異国の奴隷となるであろうと警告され、同趣旨の書状を北条時宗等へもそれぞれ送ったことを告げて、本書状を結ばれている。

出典『日蓮大聖人御書講義』第四巻下(編著者 御書講義録刊行会 発行所 聖教新聞社)

                  北条弥源太への御状 ―了―

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

墨田ツリー

Author:墨田ツリー

 
 
 

最新トラックバック

 
 

カテゴリ

 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR