FC2ブログ
09 -<< 2018-10 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 -
 

宿屋左衛門光則への御状

          宿屋左衛門光則への御状

本文(御書全集一七〇㌻初~一七一㌻終)
 先年勘(かんが)えたるの書安国論に普合せるに就(つい)て言上せしめ候い畢(おわ)んぬ、抑(そもそも)正月十八日西戎(さいじゅう)大蒙古国より牒状到来すと、之を以て之を按(あん)ずるに日蓮は聖人の一分に当り候か、然りと雖(いえど)も未だ御尋に予(あずか)らず候の間重ねて諫状を捧ぐ、希(ねがわ)くば御帰依の寺僧を停止せられ宜(よろ)しく法華経に帰せしむべし、若(も)し然らずんば後悔何ぞ追わん、此の趣を以て十一所に申せしめ候なり定めて御評議有る可く候か、偏(ひとえ)に貴殿を仰ぎ奉る早く日蓮が本望を遂げしめ給え、十一箇所と申すは平の左衛門尉殿に申せしむる所なり委悉(いしつ)申し度く候と雖も上書分明なる間省略せしめ候、御気色を以て御披露庶幾(しょき)せしむる所に候、恐恐謹言。
  文永五年戊辰十月十一日       日 蓮  花 押
   謹上 宿屋入道殿

通解
 先年勘えた書・立正安国論の予言が符合したことから、執権へ言上したのである。
 正月十八日、西戎の大蒙古国より牒状が到来したとのこと。このことから考えるのに、日蓮は聖人の一分に当たっている。しかし、いまだに何の御尋ねもないから、重ねて陳状を奉ったのである。
 願わくは、御帰依の寺僧を停止して、法華経に帰依されるべきである。もしそうしなければ、後悔しても及ばないことになるであろう。この趣きをもって十一か所へ書状を申し送っておいたから、必ず御評議があるだろう。一日も早く日蓮が本望を遂げられるように、ひたすら貴殿を仰ぎ奉るのである。十一か所というのは、平左衛門尉殿への書状にその名を申し上げてある。詳しく申し上げるべきであるが、執権への上書にはっきりとしたためてあるから省略した。
 執権のご機嫌を見計らって、ご披露のほどをお願い申し上げる。恐恐謹言。
  文永五年戊辰十月十一日       日 蓮  花 押
   謹上 宿屋入道殿

語訳
宿屋入道
 生没年不明。鎌倉時代の武士。北条氏得宗家被官である御内人。日蓮大聖人の立正安国論を時頼に取り次いだ人。宿屋左衛門入道・宿屋光則・宿屋禅門とも呼ばれる。光則は諱(いみな)。法名は最信。吾妻鏡巻五十一には弘長三年(一二六三年)十一月、時頼の臨終に際して最後の看病のため出入りを許された七人の中に挙げられている。もと極楽寺良観に帰依し律と念仏を信仰していたが、後に大聖人の教えを信ずるようになったと伝えられる。
〈追記〉
 大聖人から宿屋入道への御書簡は、①宿屋入道への御状(一六九㌻)、②宿屋入道再御状(御書全集未収録)、③宿屋左衛門光則への御状(一七〇㌻)の三通が伝えられる。このうち②は一紙十一行の断簡であるが、戦後新たに発見された貴重な遺文であり、当ブログでは①の講義に追記して収録した。「十一通御書」はいずれも真蹟が残されていないが、宿屋入道だけは大聖人の御手筆を保存していたということは、それだけ大聖人が宿屋入道の人間性を見抜いておられ、宿屋入道もまた誠意ある人物であったことを物語るものといえよう。
 文永八年(一二七一年)九月、竜の口の法難で日蓮大聖人が捕縛されたとき、宿屋入道は門下五人の身柄を預かり、邸内の土牢に幽閉した。五人の名については諸説があり、僧には日朗、日心等、俗には山城入道、坂部入道、伊沢入道、得業寺入道等が挙げられるが、明確ではない。日蓮大聖人が助命されると深く帰依するようになり、自邸を寄進し、日朗を開山として文永十一年(一二七四年)光則寺(こうそくじ)を建立した。現在の本堂は慶安三年(一六五〇年)のもので、神奈川県鎌倉市長谷にある。

講義
 本書状は文永五年(一二六八年)十月十一日、日蓮大聖人が四十七歳の御時、鎌倉・松葉ケ谷の草庵で著され、執権・北条時宗の近侍であった宿屋左衛門光則に与えられた書である。「十一通御書」の一つである。
 宿屋左衛門光則については、先の宿屋入道への御状で詳述したので、ここでは省略する。
 このとき、大聖人は北条時宗への御状も、宿屋入道を経由して出されたので、当然この二通の内容には深い関連がある。
 たとえば本文末尾に「委悉(いしつ)申し度く候と雖も上書分明なる間省略せしめ候」と述べられているように、時宗への御状に述べられたことは、宿屋入道の目を通ることなので略すと仰せられている。
 内容は九年前の文応元年(一二六〇年)に故北条時頼へ提出した立正安国論で予言された通り、文永五年(一二六八年)正月、他国侵逼難である蒙古の牒状(国書)が鎌倉へ到着した。この事実から時宗への御状でも本御状でも「日蓮は聖人の一分に当り」とされ、捨邪帰正を勧める一方、同趣旨の書状を十一か所へ送ってあるので、大聖人が本望とする諸宗との対決の早期実現を求められている。

 安国論の予言符合を言上

 初めに「先年勘(かんが)えたるの書安国論に普合せるに就(つい)て言上せしめ候い畢(おわ)んぬ」と、蒙古の来牒は、先に上呈した立正安国論の予言が符合したものであり、いよいよ国の存亡にかかわる事態に立ち至ったので、執権へ諌状(北条時宗への御状)を奉ったことを告げられている。
 続いて「抑(そもそも)正月十八日西戎(さいじゅう)大蒙古国より牒状到来すと、之を以て之を按(あん)ずるに日蓮は聖人の一分に当り候か」と、安国論における予言が的中したことから、御自身をさして「聖人の一分に当るであろう」と述べられている。
「之を以て之を按ずるに」と述べられている「之を以て」は、蒙古から牒状が到来した事実をさし、「之を按ずるに」は、大聖人が安国論で他国侵逼難を予言されていたことをさす。
 したがって、幕府としては大聖人に教えを求めてくるべきであるにもかかわらず、幕府から今もって何の沙汰もないので、重ねて牒状を奉ったと、再諌の理由を明かされている。
 次に「希(ねがわ)くば御帰依の寺僧を停止せられ宜(よろ)しく法華経に帰せしむべし、若(も)し然らずんば後悔何ぞ追わん」と、これまでの邪法邪師への帰依を捨て、正法である法華経(妙法)へ帰依するよう勘め、この進言を用いなければ他国の侵攻という、後悔しても及ばない大事が出来(しゅったい)するであろう、と警告されている。
 更に「此の趣を以て十一所に申せしめ候なり定めて御評議有る可く候か」と、十一か所へ同趣旨の陳状を送ったので、おそらく幕府内で評議が行われるであろうが、その際には、「日蓮が本望」である諸宗との公場対決を早く実現するよう努力してほしいと要請されている。
 十一通の諫状の送り先については「十一箇所と申すは平の左衛門尉殿に申せしむる所なり」と述べられて、ここでは挙げられていない。
 平左衛門尉頼綱への御状には「此の趣を以て方方へ愚状を進らす、所謂鎌倉殿・宿屋入道殿・建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏殿・長楽寺・多宝寺・浄光明寺・弥源太殿並びに此の状合せ十一箇所なり」(一七一㌻)とある。
 宿屋入道への御状には十一か所を記されず、平左衛門尉頼綱への御状にそれを明示されたのは、宿屋入道は執権の側近ではあったが幕府体制全体に対しては発言権が弱かったのに対し、平左衛門尉は北条得宗家の家司(けいし)であるとともに侍所所司として強く広範な発言力をもっていたので、大聖人と諸宗の僧らとの公場対決を推進する立役者となりうると判断されたからであろう。
 そして、もっと詳しく述べたいが、入道に託した北条時宗への御状に主旨は尽くされているので省略した、と断られたうえで、「御気色を以て御披露庶幾せしむる所に候」と結ばれている。すなわち、執権の機嫌のよい時を見計らって「上書」(北条時宗への御状)を取り次ぎ、披露するよう要請されている。「庶幾(しょき)」とは、庶(こいねが)う・希望する、の意である。

出典『日蓮大聖人御書講義』第四巻下(編著者 御書講義録刊行会 発行所 聖教新聞社)

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

墨田ツリー

Author:墨田ツリー

 
 
 

最新トラックバック

 
 

カテゴリ

 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR