FC2ブログ
07 -<< 2018-08 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 -
 

北条時宗への御状・第一章 安国論の予言符号を示す

           北条時宗への御状

       第一章 安国論の予言符号を示す

本文(御書全集一六九㌻初~一七〇㌻二行)
 謹んで言上せしめ候、抑(そもそ)も正月十八日・西戎(さいじゅう)大蒙古国の牒状(ちょうじょう)到来すと、日蓮先年諸経の要文を集め之を勘(かんが)えたること立正安国論の如く少しも違わず普合しぬ、日蓮は聖人の一分に当れり未萠(みぼう)を知るが故なり、然る間重ねて此の由を驚かし奉る急ぎ建長寺・寿福寺・極楽寺・多宝寺・浄光明寺・大仏殿等の御帰依を止めたまえ、然らずんば重ねて又四方より責め来る可(べ)きなり、速かに蒙古国の人を調伏して我が国を安泰ならしめ給え、彼を調伏せられん事日蓮に非ざれば叶う可からざるなり、諫臣(かんしん)国に在れば則ち其の国正しく争子(そうし)家に在れば則ち其の家直し、国家の安危は政道の直否に在り仏法の邪正は経文の明鏡に依る。

通解
 謹んで申し上げる。そもそも去る正月十八日に、西戎大蒙古国から牒状が到来したという。これは、日蓮が先年、諸経の要文を集めて勘(かんが)えた立正安国論の予言の通り少しも違わず符合したのである。日蓮は未来の出来事を知るゆえに聖人の一分に当たる。
 そこで重ねて、このことを諌言申し上げるのである。急いで建長寺、寿福寺、極楽寺、多宝寺、浄光明寺、大仏殿等の御帰依を止めなさい。もし止めなければ、この上にまた四方の国々から攻めてくるであろう。速やかに蒙古国の人を調伏して、我が国の安泰を計るべきである。蒙古を調伏することは、日蓮でなければできないのである。
 主君を諌める忠臣がいれば、その国は正しく、親を諌める孝子がいれば、その家は真っすぐになる。国家が安泰であるかないかは政道が正しく行われるか否かにより、仏法の邪正は経文の明鏡によるのである。

語訳
立正安国論
 文応元年(一二六〇年)七月十六日、日蓮大聖人が三十九歳の時、鎌倉幕府の実質的な最高権力者である北条時頼に提出された国主諫暁の書(一七㌻)。五大部の一つ。諫暁とは諫(いさ)め暁(さと)す、すなわち相手の誤りを指摘して正しい道に導くという意。本抄御執筆当時、日本では飢饉・疫病・災害によって多くの民衆が苦悩にあえいでいた。本抄では種々の経典を引用しながら、こうした災難の根本原因は謗法であると明かし、その元凶は、浄土教の教え以外を捨閉閣抛(しゃへいかくほう)せよと主張する法然(源空)の専修念仏(せんじゅねんぶつ)であるとして、これをもっぱら破折されている。そして謗法の教えへの帰依をやめて正法に帰依しなければ、三災七難のうち、残る「自界叛逆難(じかいほんぎゃくなん)(内乱)」と「他国侵逼難(たこくしんぴつなん)(外国からの侵略)」が起こると予言し警告された。しかし幕府はこの諫言を用いることなく、謗法の諸宗の僧らを重用した。その結果、二難はそれぞれ文永九年(一二七二年)の二月騒動(北条時輔の乱)、文永十一年(一二七四年)と弘安四年(一二八一年)の蒙古襲来として現実のものとなった。本抄の構成としては、災難を嘆きその根本原因を尋ねる客(=北条時頼を想定)に対して、主人(=日蓮大聖人)が立正安国(正を立て、国を安んず)を説くという十問九答の問答形式で展開されている。なお、「広本(こうほん)」と呼ばれる身延入山後に再治された本には、真言などの諸宗を破折する文が添加されている。

建長寺
 神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派の本山。鎌倉五山の首位。巨福山(こふくざん)と号す。建長元年(一二四九年)第五代執権・北条時頼が建立を発願し、宋僧・蘭渓道隆を開山として同五年(一二五三年)に完成した。仏殿は丈六の地蔵を本尊とし、脇士に千体の小地蔵を置く。

寿福寺
 神奈川県鎌倉市にある臨済宗寺院。源頼朝が没した翌年の正治二年(一二〇〇年)北条政子の発願によって建立。開山は栄西。初期の禅宗の発展に重要な位置を占めた。

極楽寺
 神奈川県鎌倉市にある真言律宗の寺院。霊鷲山感応院と号す。正元元年(一二五九年)創建。幕府の重臣・北条重時が開き、子の長時が良観(忍性)を招いた。
〈追記〉
 極楽寺は良観の入寺から十年も経たない建治元年(一二七五年)に出火、堂塔が灰燼に帰した。「名と申す事は体を顕し候に両火房(りょうかぼう)と申す謗法の聖人、鎌倉中の上下の師なり。一火は身に留(とどま)りて極楽寺焼けて地獄寺となりぬ」(王舎城事・一一三七㌻)と仰せであり、両火房とは良観を揶揄(やゆ)していわれたもの。極楽寺建立の地は、当時地獄谷と呼ばれていた。良観自身によって再建されたが、良観死後も、度重なる火災で焼失と復興を繰り返した。

多宝寺
 現存しない。開基、開祖、落成年次、宗旨など一切不明である。ただ本抄に「多宝寺の弟子等数百人」とあり、当時、相当の大寺で極楽寺良観の一門のようである。今日、鎌倉泉ケ谷の奥、淨光明寺の隣りに、多宝寺跡と称するところがあり、良観の多宝塔と称する古墳一基を残すのみである。

浄光明寺
 神奈川県鎌倉市扇ガ谷にある真言宗の寺院。山号は泉谷山。鎌倉幕府第六代執権の北条長時により建長三年(一二五一年)に創建。開山は浄土系の真阿(しんあ)(真聖国師(しんせいこくし))。当時は浄土宗はじめ兼修の寺院だった。
 
大仏殿(鎌倉)
 鎌倉にある浄土宗の寺院・高徳院にある大仏殿をさし、一二三八年に造営が開始された。現在、建物は失われていて、大仏が露地にある。

講義
 この御状は文永五年(一二六八年)十月十一日、日蓮大聖人が四十七歳の御時、「十一通御書」の第一として鎌倉・松葉ケ谷の草庵でしたためられ、宿屋入道を通して執権・北条時宗(一二五一年~一二八四年)に送られた書である。
 北条時宗は、第五代執権・北条時頼(一二二七年~一二六三年)の嫡子で、幼時から文武に練達し、将来を嘱望されていた。文永元年(一二六四年)に連署(執権とともに政治を決断する重職)、文永二年(一二六五年)に相模守となり、文永五年(一二六八年)三月に十八歳で第八代執権となった。この年閏(うるう)正月に蒙古から国書が到来し、この国難に対処するための挙国体制として、時宗が執権に推挙されたと考えられる。
 同八年(一二七一年)、再び来牒があり、同九年(一二七二年)二月には一門の名越時章(ときあきら)や異母兄の北条時輔(ときすけ)の謀反事件が起きている。
 更に文永十一年(一二七四年)と弘安四年(一二八一年)の二度にわたって蒙古の襲来があり、時宗の執権時代はまさに多事多難の時期であった。
 一方、時宗は禅宗に帰依し、弘安二年(一二七九年)に中国から無学祖元(むがくそげん)を迎え、同五年(一二八二年)には円覚寺を創建、後に出家して道果と称した。
 日蓮大聖人に対しては、中興入道消息に佐渡流罪の赦免をめぐり、「御一門諸大名はゆる(許)すべからざるよし申されけれども、相模守殿の御計らひばかりにて、つい(終)にゆ(許)りて候いて」(一三三三㌻)、また窪尼御前御返事には「かう(守)のとの(殿)は人のいゐしに・つけて・くは(委)しくも・たづ(訊)ねずして此の御房をなが(流)しける事あさましと・をぼしてゆるさせ給いて」(一四七八㌻)と記されているように、とかく偏見にとらわれがちであった一門の人々とは違った見解をもっていたことがうかがわれる。また大聖人が竜の口の頸(くび)の座直後、大聖人を無罪放免すべきだとの考えをもっていたことが種種御振舞御書に記されている。
 しかし、蒙古軍を迎え撃つ準備・交戦で、鎌倉幕府は力を使い果たし、内には平左衛門尉らが専横をふるうなかで時宗は弘安七年(一二八四年)四月、三十四歳の若さで死んだ。
 本御状の内容は、蒙古から牒状が届いたことにより、文応元年(一二六〇年)七月十六日に時宗の亡き父・北条時頼に提出した立正安国論の予言(他国侵逼難)が「普合(ふごう)」したことを指摘され、この未曾有の国難を防ぐには、速やかに建長寺など諸大寺への帰依・布施を止めよ、そうでなければ、四方から攻められるであろうと諌められている。
 そして、大聖人の諌言をなおざりにしてはならない旨を訴えられたうえで、具体的には「所詮は万祈を抛(なげう)つて諸宗を御前に召し合せ仏法の邪正を決し給え」と、大聖人と諸宗との公場対決を実現し、時宗が客観的に判断して決断するよう求められている。

 他国侵逼難の予言が的中

 冒頭、まず、この年(文永五年)の閏正月十八日に蒙古から牒状が到来した事実について、それが立正安国論の予言通りであることを指摘され、このことを踏まえて「日蓮は聖人の一分に当れり未萠(みぼう)を知るが故なり」と仰せられている。
「未萠」とは草木のいまだ萌芽(ほうが)を生じない姿を、事のいまだ起こらないのにたとえたもので、まだ起きていない未来の出来事をいう。未来の出来事を前もって正しく知っている人を聖人というのである。
 三沢抄に「聖人は未萠を知ると申して三世の中に未来の事を知るを・まことの聖人とは申すなり」(一四八八㌻)と御教示されている。予言が的中したことは、日蓮大聖人がまぎれもなく「未来の事」を知る聖人であられる証左である。
 なお、「聖人」の呼称は内道・外道ともに共通して用いられているので、ここで聖人について考察しておきたい。

「聖人」について

 儒教では、賢人は五百年に一人出(い)で、聖人は千年に一人出る等といい、知徳優れて万事に通達し、万人が尊仰してやまない理想の人物を聖人(せいじん)と称した。中国古代の帝王とされる唐堯(とうぎょう)・虞舜(ぐしゅん)等、また孔子・老子等がそれである。
 しかし、これらの聖人は生命の三世観のうえからの過去(世)・未来(世)を知らないために、真の聖人ということはできない。ゆえに、大聖人は開目抄で「此等の賢聖の人人は聖人なりといえども過去を・しらざること凡夫の背を見ず・未来を・かがみざること盲人の前をみざるがごとし」(一八六㌻)と仰せられている。
 大聖人は、撰時抄で「外典に曰く未萠をしるを聖人という内典に云く三世を知るを聖人という」(二八七㌻)と、過去・現在・未来を正しく知っているところに、「聖人」たる特質があるが、外典における聖人と、内典における聖人との違いについても明示されている。
 外典の聖人の知る「未萠」とは、現実世界において未来に起きることである。それに対して内典の聖人は、それだけでなく「三世」を知る。
「三世」とは、「現世」と、この世に生まれる以前の「過去世」、死後の「未来世」である。ところで、このように「未萠」あるいは「三世」を知るのは、いわゆる通力によるのではなく、事象の法則に通達しているということである。科学の世界でも同じことがいえるが、不変の法則を正しく洞察した時に、物象や未来の予見ができるのである。
 仏法における聖人つまり「仏」は生命の法理を究めているゆえに、「三世を知る」ことができるのである。
 大聖人は聖人知三世事で、「聖人と申すは委細に三世を知るを聖人と云う」(九七四㌻)と定義されたうえで、御自身を「日蓮は一閻浮提第一の聖人なり」(九七四㌻)と明言されている。「一閻浮提第一の聖人」であられるゆえに「大聖人」と申し上げるのである。
 以上のように「未萠」を知るだけの外典の聖人と、「三世」を知る内典の聖人とには違いがあるが、内典の聖人にとって、外典の聖人の知る範疇である「未萠」を知るのはたやすい。ゆえに、大聖人は蒙古襲来を「未萠」のうちから知っておられたことをもって、御自身が「聖人の一分」に当たる証拠とされたのである。この「一分」という表現が御謙遜の意であることはいうまでもない。

 未曾有の国難を救う方途

「然る間重ねて此の由を驚かし奉る」との仰せは、安国論で既に述べ諌めたことであるが、本御抄によって再び諌暁するのであるといわれている。そして、諌暁の要点として「急ぎ建長寺・寿福寺・極楽寺・多宝寺・浄光明寺・大仏殿等の御帰依を止めたまえ」と、邪法邪師への帰依を禁断することが第一の急務であると諭されている。邪法邪師が国難を招いた元凶にほかならないからである。
「速かに蒙古国の人を調伏して我が国を安泰ならしめ給え、彼を調伏せられん事日蓮に非ざれば叶う可からざるなり」との仰せは、蒙古襲来をなくし、国の安泰を守る方途は、日蓮大聖人の主張を用いることであると教えられているのである。
 これは立正安国論においては「早く天下の静謐(せいひつ)を思わば須(すべから)く国中の謗法を断つべし」(三〇㌻)、また「四海万邦一切の四衆其の悪に施さず皆此の善に帰せば何(いか)なる難か並び起り何なる災か競い来らん」(三〇㌻)の御文が、それに相当しよう。
「諫臣(かんしん)国に在れば則ち其の国正しく争子(そうし)家に在れば則ち其の家直し」は、孔子の孝経の言葉を引用されたもので、主君を諌(いさ)める臣下が国にあれば、その国は正しい方向へ進み、親をよく諌める子がいる家は安泰であるという意である。「争子」は親の悪や不義・不徳をいさめる子をいう。これは、日蓮大聖人の訴えをないがしろにしてはならないと戒めるために述べられたと拝される。
 更に「国家の安危」すなわち国を安泰ならしめるか危機に瀕(ひん)せしめるかの最大の要因は、為政者が政道にのっとって治めるか、政道に背いて物事に対処するかにあると指摘して、時宗に為政者としての心構えを示されるとともに、大聖人が訴えている仏法上の問題は、あくまで仏説である経文を基準として判ずべきであると仰せられている。
 これは、このあと、諸宗との公場対決を求められるのであるが、念仏等の言い分と大聖人の主張とを時宗が判断するうえでの最も肝要の点を示唆されたと拝される。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

墨田ツリー

Author:墨田ツリー

 
 
 

最新トラックバック

 
 

カテゴリ

 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR