FC2ブログ
11 -<< 2018-12 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 -
 

宿屋入道への御状及び宿屋入道再御状

           宿屋入道への御状

本文(御書全集一六九㌻)
 其の後は書・絶えて申さず不審極(きわま)り無く候、抑(そもそも)去(いぬ)る正嘉元年丁巳八月二十三日戌亥(いぬい)の刻の大地震、日蓮諸経を引いて之を勘(かんが)えたるに念仏宗と禅宗等とを御帰依有るが故に日本守護の諸大善神瞋恚(しんに)を作(な)して起す所の災なり、若(も)し此れを対治無くんば他国の為に此の国を破らる可きの由勘文(かんもん)一通之を撰し正元二年庚申七月十六日御辺に付け奉つて故最明寺入道殿へ之を進覧す、其の後九箇年を経て今年大蒙古国より牒状(ちょうじょう)之有る由・風聞(ふうぶん)す等云云、経文の如くんば彼(か)の国より此の国を責めん事必定なり、而るに日本国の中には日蓮一人当(まさ)に彼の西戎(さいじゅう)を調伏するの人たる可しと兼て之を知り論文(ろんもん)に之を勘う、君の為・国の為・神の為・仏の為・内奏を経らる可きか、委細の旨は見参(けさん)を遂げて申す可く候、恐恐謹言。
  文永五年八月二十一日        日 蓮  花 押
   宿屋左衛門入道殿

通解
 その後は、音信が絶えており、不審極まりない。そもそも去る正嘉元年八月二十三日午後九時ごろの大地震について、日蓮は諸経を引いて、これを勘(かんが)えたが、これは(幕府が)念仏宗と禅宗等とを御帰依されているので、日本国を守護する諸大善神が瞋(いか)って起こした災いである。もしこれを対治しなければ、他国から攻められ亡びるであろうとの勘文一通を撰し、正元二年(文応元年)七月十六日、貴殿を通じて故最明寺入道殿へ進覧したのである。
 その後九年を経た今年、大蒙古国から牒状が来たといううわさを聞いた。経文の示すところに依れば、彼の国からこの国に攻め寄せてくることは必定である。
 しかも彼の西戎を調伏する者は、日本国の中では日蓮一人であると、かねてからこれを知り、論文(立正安国論)にも勘えておいたのである。
 君のため、国のため、神のため、仏のため、貴殿から(執権時宗へ)内奏してもらいたい。委細のことは、見参のうえで申し上げましょう。恐恐謹言。
  文永五年八月二十一日        日 蓮  花 押
   宿屋左衛門入道殿

語訳
勘文(かんもん)
「かもん」「かんがえぶみ」とも読む。朝廷や幕府の諮問に対して、諸道の学者等が先例や故実などを調べ考えて意見を上申した書。大聖人にあっては、仏法の道理と実証の上から述べた意見・諌暁の書を指してもいう。具体的には立正安国論のこと。

最明寺入道
(一二二七年~一二六三年)。北条時頼のこと。最明寺で出家し法名を道崇と称したので、最明寺殿とも最明寺入道とも呼ばれる。鎌倉幕府第五代執権。時氏の子、母は安達景盛の娘(松下禅尼)。初め五郎と称し、のち左近将監(さこんのしょうげん)・相模守に任じられた。宋僧道隆について禅法を受け建長寺を建立。出家の前日執権職を重時の子長時に委(ゆだ)ね、最明寺を山内に造りそこに住んだが依然として幕政にたずさわっていた。日蓮大聖人は、文応元年(一二六〇年)七月十六日に、宿屋入道を通じて、立正安国論を最明寺時頼に上書し、為政者の自覚をうながし、治国の者が邪宗に迷い正法を失うならば、必ず国の滅びる大難があると、大集(だいしつ)経、仁王(にんのう)経、金光明経、薬師経等に照らされて訴えられた。しかし時頼は反省せず、かえって弘長元年(一二六一年)五月十二日に、長時により大聖人は伊豆に流罪される。同三年に赦(ゆる)されたが、聖人御難事(一一九〇㌻)に「故最明寺殿の日蓮をゆるししと此の殿の許ししは禍(とが)なかりけるを人のざんげん(讒言)と知りて許ししなり」とあるように、時頼の意図であったことがわかる。

大蒙古国
 十三世紀の初め、チンギス汗によって統一されたモンゴル民族の国家。東は中国・朝鮮から、西はロシアを包含する広大な地域を征服し、四子に領土を分与して、のちに四汗国(キプチャク・チャガタイ・オゴタイ・イル)が成立した。中国では五代フビライ(クビライ。世祖)が一二七一年に国号を元と称し、一二七九年に南宋を滅ぼして中国を統一した。鎌倉時代、この元の軍隊がわが国に侵攻してきたのが元寇である。日本には、文永五年(一二六八年)一月以来、たびたび入貢を迫る国書を送ってきた。しかし、要求を退ける日本に対して、蒙古は文永十一年(一二七四年)、弘安四年(一二八一年)の二回にわたって大軍を送った。

宿屋左衛門入道
 生没年不明。鎌倉時代の武士。北条氏得宗家被官である御内人。日蓮大聖人の立正安国論を時頼に取り次いだ人。諱(いみな)は光則(みつのり)。法名は最信。吾妻鏡巻五十一には弘長三年(一二六三年)十一月、時頼の臨終に際して最後の看病のため出入りを許された七人の中に挙げられている。もと極楽寺良観に帰依し律と念仏を信仰していたが、後に大聖人の教えを信ずるようになったと伝えられる。
〈追記〉
 文永八年(一二七一年)九月、竜の口の法難で日蓮大聖人が捕縛されたとき、門下五人の身柄を預かり、邸内の土牢に幽閉した。五人の名については諸説があり、僧には日朗、日心等、俗には山城入道、坂部入道、伊沢入道、得業寺入道等が挙げられるが、明確ではない。日蓮大聖人が助命されると深く帰依するようになり、自邸を寄進し、日朗を開山として文永十一年(一二七四年)光則寺(こうそくじ)を建立した。現在の本堂は慶安三年(一六五〇年)のもので、神奈川県鎌倉市長谷にある。

講義
 この御状は文永五年(一二六八年)八月二十一日、日蓮大聖人が四十七歳の御時、鎌倉・松葉ケ谷の草庵でしたためられ、執権・北条時宗(一二五一年~一二八四年)の側近として仕えていた宿屋左衛門入道光則(みつのり)に与えられた書である。
 宿屋左衛門入道光則は、宿屋左衛門入道、宿屋入道、宿屋光則、宿屋禅門とも呼ばれる。光則は諱(いみな)、法名は最信。生没年は不明である。
 吾妻鏡巻五十一には、弘長三年(一二六三年)十一月、北条時頼(一二二七年~一二六三年)の臨終に際して、最後の看病のため出入りを許された七人のなかに宿屋左衛門の名が見られる。
「十九日 丙申 相州禅室の御病痾(びょうあ)・縡(こと)すでに危急に及ぶ。よつて最明寺北亭に渡御ありて心閑に臨終せしめたまふべきの由思しめし立つ。尾藤太・法名浄心、宿屋左衛門尉・法名最信等に仰せて、群参の人を禁制すべきの由と云々。
 廿日 丁酉 早旦(そうたん)北殿に渡御す。ひとえに御終焉の一念に及ぶ。昨日厳命を含むの両人、固くその旨を守り人々の群参を禁制するの間、すこぶる寂寞たり。御看病のために六七許輩(ばかりのともがら)祇候(しこう)するのほか人なし。いはゆる、武田五郎三郎 南部次郎 長崎次郎左衛門尉 工藤三郎右衛門尉 尾藤太 宿屋左衛門尉 安東左衛門尉等なり」
 日蓮大聖人は文応元年(一二六〇年)七月十六日、当時、側近であった宿屋入道を通じ、時の実権者・北条時頼へ立正安国論を提出された。
 そして文永五年閏(うるう)一月に蒙古国の牒状(国書)が鎌倉へ到着した時、大聖人は同年八月二十一日(本書)と十月十一日(「十一通御書)の一つ)の二度にわたって宿屋入道に書状を送り、北条時頼の子であり執権になったばかりの北条時宗への取り次ぎを依頼されている。
 宿屋入道は極楽寺良観に帰依し、律と念仏を信仰していたが、後に大聖人の教えを信ずるようになったと伝えられている。
 この宿屋入道への御状で大聖人は、立正安国論で念仏宗と禅宗を重んじているところに災難の原因があり、この誤れる宗を対治しなければ他国から攻められると予言したことに触れ、その通りに蒙古が日本を攻めようとしているが、これを「調伏」できるのは日蓮一人であることを執権に内奏してほしいとしたためられている。

 大地震は諸天善神による治罰

 冒頭の「其の後は書・絶えて申さず不審極(きわま)り無く候」との仰せは、日蓮大聖人が先に宿屋入道を通して立正安国論を上呈されたが、その後、入道から何の音信もないことから、このようにまず記されたと考えられる。
 続いて、安国論を御述作された由来と、そこで他国侵逼の難を予言しておられたことを述べられている。すなわち、正嘉元年(一二五七年)八月二十三日戌亥(いぬい)の刻(午後九時ごろ)に鎌倉を襲った大地震を機縁に、そのような災害がなぜ起こったのか、金光明経など四経をひもといて勘(かんが)えたところ、それは幕府の権力者たちが「念仏と禅宗等」の邪法に帰依しているゆえであり、そのため日本国守護の諸大善神が瞋(いか)って起こした災いであるとの結論を得たと述べられている。
 正嘉元年の大地震は吾妻鏡巻四十七によると、この年、度重なる地震の記録が見えるが、なかでも八月二十三日戌刻(いぬのこく)の大地震では、神社・仏閣や人家が多く崩壊し、山崩れ、地破(わ)れ、湧き水などが続出。大地の裂け目から炎が出たなどが記されている。
 もとより、災難はこの正嘉の地震だけでなく、この前後に疫病や旱魃など、さまざまな災厄が、毎年のように日本に起き、多くの犠牲者が出ていた。そのように次々と災いが起きる原因はどこにあり、どうすれば人々の苦しみをなくすことができるかを究明し訴えられたのが立正安国論だったのである。
 なお、立正安国論では災厄の元凶を法然の念仏宗に絞って論じられているが、法華経を誹謗して立てられた謗法の宗であることが元凶たる所以である。しかも、幕府内において重んじられていたのは念仏だけでなく禅宗も有力であったので、この御状では「念仏宗と禅宗等を御帰依有るが故」と述べられたと考えられる。
 もし「此れを対治無くんば」、つまりそうした念仏・禅などの謗法の諸宗への信を捨てなければ他国からの侵攻で国が滅びるとの旨を「勘文」、すなわち立正安国論として著し、正元二年(一二六〇年)七月十六日、宿屋入道を通して「故最明寺入道殿」(北条時頼)へ「進覧」したのであると、上呈の経緯について振り返られている。正元二年は四月に改元され、文応元年になっているが、ここでは元年号を用いられている。
 そして、この立正安国論上呈から九年を経て、文永五年のこの年、蒙古から牒状が到来したことを風聞で知ったと、安国論の予言が的中したことを述べられている。特に「風聞」と言われているのは、本来なら宿屋入道から直接大聖人に知らせがあって当然ではないかとの意が込められていると拝される。

 蒙古の襲来必定なるを訴う

 経文の通りならば蒙古が侵攻してくることは必定であるが、この蒙古を調伏できる人は、日本国にあっては日蓮一人しかいないと、かねてから知っていたゆえに〝国を安ずる書〟として立正安国論を著したのであると述べられている。
「調伏」とは本来、身・口・意の三業を調えて、もろもろの悪を制し伏させることをいったが、転じて、敵が攻めようとしているときに、祈りによって攻めてこられないようにすること、敵を敗北させることをいうようになった。
 なお「西戎(さいじゅう)」とは、もとは漢民族が四方の異民族を東夷(とうい)、西戎、南蛮、北狄(ほくてき)と呼んでいたことから来たもので、ここでは日本にとって西方の異民族という意味で用いられたと拝される。
 最後に「君の為・国の為・神の為・仏の為」に執権・時宗に内奏してほしいと促されている。
 国運を左右する重大事だけに、執権へ内奏の労をとるよう促され、詳しいことは対面した時に申し上げるとして、本書を結ばれている。「内奏」は、直接の奏上ではなく、近侍である宿屋入道から内々に大聖人の心を執権・北条時宗に奏上してほしいということである。

出典『日蓮大聖人御書講義』第四巻下(編著者 御書講義録刊行会 発行所 聖教新聞社)

〈追記〉
            宿屋入道再御状

本文
 去(い)ぬる八月の比(ころ)、愚札(ぐさつ)を進(まいら)せしむ(令)るの後、今月に至るも是非に付けて返報を給わらず。鬱念(うつねん)散じ難し。忽々(そうそう)の故に想亡(そうぼう)せしむるか。軽略せら(被)るるの故に、□一行を慳(おし)むか。本文に云(いわ)く、「師子は少兎(しょうと)を蔑(あなど)らず大象を畏(おそ)れず」等云云。
 若(も)し又万が一、他国の兵、此の国を襲うの事出来(しゅったい)せぱ、知りて奏(そう)せざるの失(とが)、偏(ひとえ)に貴辺に懸(かか)るべし。仏法を学ぶの法は、身命を捨てて国恩に報ぜんが為也。全く自身の為に非ず。
 本文に云く、「雨を見て竜を知り、蓮(はちす)を見て池を知る」等云云。災難急を見るの故に度々(たびたび)之を驚かす。用ひざるに而も之を諫(いさ)む。強(以下欠) 

解説
 述作年代 文永五年(一二六八年)冬頃。
 原文は漢文体。
 冒頭に八月に宿屋入道に手紙を送ったとあるのは、八月二十一日付の「宿屋入道への御状」(御書全集一六九㌻)を指している。ここでも「其の後は書・絶えて申さず不審極り無く候」(一六九㌻)とあり、宿屋入道は得宗家(北条本家)の被官というむずかしい立場にあったためか、軽々に動けない様子が伝わってくる。
 本書でも、八月の催促状に対しても依然返事がないので、日蓮大聖人は身命を賭けているとの決意を伝え、宿屋入道に対しても、他国侵逼の難が迫っているのに「知りて奏(そう)せざるの失(とが)、偏(ひとえ)に貴辺に懸(かか)るべし」とまで言い切っている。事は重大かつ差し迫っており、そのことをしっかり認識してほしいと念押しするために再度送ったのが本書である。
 結局、時宗への「立正安国論」提出は実現することはなかった。そればかりか、幕府は日蓮大聖人の教団の発展に危機感をもち、迫害の度合いを高めていく。

出典『日蓮の真筆文書をよむ』(著者 小林正博 発行 第三文明社)

          宿屋入道への御状及び宿屋入道再御状 ―了―

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

墨田ツリー

Author:墨田ツリー

 
 
 

最新トラックバック

 
 

カテゴリ

 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR